シェルター猫ご紹介 青梅(青梅/おうめ)

青梅(青梅/おうめ)-シェルター猫ご紹介

投稿日:2016/01/19 更新日:

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

2016/2/7追記:こちらは少し前の時期の紹介になります。最新の様子もあわせてご覧ください。

青梅ちゃん

IMG_6663[1]

2015年のクリスマスに、東京都動物愛護センターに収容されました
首輪もあり迷い猫だと思われましたが、飼い主が現れませんでした

収容中、みるみる痩せてきていることもあり、早めの治療・対応がよかろうと、シェルターで引き取ることにしました
名前は出身エリアから付けました
里親募集というより、終生療養になるかと思います

シェルターはケアが行き届かない部分は多々あります
でも老猫も傷病末期だからセンターで生涯を終えるのではなく、シェルターで日向ぼっこをしながら終末を迎えることがあってもいいのではないのでしょうか
そんな思いで引き取りました

IMG_6532

通院をさせましたが、やはり老猫です

腎臓が片方機能していません
腎機能の数値が悪化しています
胆管炎がありました(現在投薬中)
肥満細胞腫がありました(切除の上、投薬開始)

まだまだ病気はありそうですが、シェルターでのんびりお世話してゆければと思います
彼女の生涯が長いか短いかは判りませんが、一緒に過ごしてゆければと思います

(追記)シェルターのほかのみなさんと同じような形での、より詳しい青梅ちゃんの情報は、追ってお知らせします。

Print Friendly, PDF & Email

-シェルター猫ご紹介, 青梅(青梅/おうめ)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ロッシ(ロッシちゃん)-シェルター猫ご紹介

ロッシは、地域のTNR活動中に保護されました。避妊手術を受けたあと、そのかわいらしさと印象的なロシアンブルーに、保護主さんが地域に返すのに忍びなく、シェルターでお世話をすることになりました。女の子。成 …

Print Friendly, PDF & Email

4月23日(土) 動物病院

本日の通院 歌舞伎・クロ・青梅 歌舞伎は外耳炎の改善が全く見られず クロちゃんもまだまだ通院 青梅は膀胱炎が一向に治らず 青梅は特に、リンパの腫れの懸念もあるし、年寄りは様子に注意しないと… &nbs …

Print Friendly, PDF & Email

キンちゃん 指を舐める

ボランティアさんが 少し前にご報告をいただいておりいましたが、当番の日の老猫の様子を知らせてくださいました (勝手に)紹介します 🐈 亀ちゃんは、 うんちにおしっこも出ていました ただ …

Print Friendly, PDF & Email

ソックス(ソックスちゃん)-シェルター猫ご紹介

シェルターには、大御所と呼ばれるみなさんがいます。あまり人馴れせず、高いところから部屋を見下ろすねこちゃんたちです。代表は、ペコちゃんと、今回紹介するソックスちゃん。(それから、カール君かな。)中でも …

Print Friendly, PDF & Email

楓(かえでちゃん)-シェルター猫ご紹介

楓(愛称楓ちゃん)は、飼い主が亡くなったために行き場をなくし、路上生活をしていたところを引き取った猫です。日本人形のような美人さん。とっても印象的ですよね。(みなさんそう思いませんか。) 人見知りさん …

Print Friendly, PDF & Email

Photo Gallery Slideshow

050-3778-5065
nekoouchi@gmai.com
ご見学は原則として土曜日午後に承ります(予約制)。