未分類

くるみちゃんをお迎えしたときのこと-その3

投稿日:

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

2015年2月11日に、はなちゃんをお迎えしました。それから4ヶ月半後の6月27日には、くるみちゃんをお迎えしました。はなちゃんはシェルターさんから、くるみちゃんはシェルターさんとは別に、保護活動をされている個人の方からのお迎えです。シェルターのねこちゃんの紹介がだいぶ一段落したので、そのときの思い出を振り返ってみます。

この記事は、前回および前々回の記事の続きになります。

くるみちゃんをお迎えしたときのこと-その2

くるみちゃんをお迎えしたときのこと-その1

お題-前々回

  • なぜ2人めをほしいと思ったか
  • くるみちゃんとの出会い
  • 子猫のねこかぜ

お題-前回

  • 避妊手術-エリザベス・カラーの1週間
  • かかりつけの動物病院

お題-今回

  • 先住猫優先-その理想と現実
  • まとめ-シェルターのメリット
  • (追伸)はなちゃんのこと

先住猫優先―その理想と現実

気持ちは、もちろん先住猫であるはなちゃん優先です。

でも、現実にはそううまくいきません。

「はなちゃん、ごはんですよ。召し上がれ」

(はなちゃん、タワーの上からじっと下僕の様子を観察)

くーちゃん「(ごはんにゃー)もぐもぐ。かりかり」

猫じゃらしで遊ぶときにも、まずくーちゃんがやってきて、遊ぶ音を立てたところで、はなちゃんが窓辺から様子を慎重にうかがってやって来ます。

hanachan010せめて呼びかけだけは、はなちゃんを先にと思って「はなちゃん、猫じゃらしで遊びますよ」と声をかけますが、こちらからはカーテン越しなので、はなちゃん、果たして気づいているのやら。

それでも、「ごはんの時間みたいにゃ」「猫じゃらしで遊んでいるみたいにゃ」という程度には、はなちゃんが気づいてくれていることは、こちらにも伝わってきます。

はなちゃんが、威嚇ねこちゃんではなく、慎重で、むしろ思いやりのある、遠慮がちなねこちゃんであることは、くーちゃんを交えて3人で暮らすようになって、はじめてわかるようになりました。

そんなはなちゃんも、「ほかほかのわな」(ホットマット)と、ねこタワーのお気に入りの場所、それから窓辺だけは、しっかり自分が優先だとアピールするようです。

シェルターのメリット

僕の経験から、シェルターからお引き受けすること、および、ねこちゃんがコミュニティで過ごす期間があったことには、大きく3つのメリットがあるように感じます。

  • とかく体調の不安定な子猫の時期に面倒をみてもらえること
  • 避妊手術(女の子の場合)のサポートをしてくれること
  • 性格がはっきりしだしてから、里親に名乗りを挙げられること

第1点と第2点については、この前その前の記事をお読みください。特に(男性)ひとり暮らしだと、日中の仕事/外出中に目が行き届かないことがあります。それは、ねこちゃんにとっても、里親さん自身の精神衛生にも、あまりいいことではない気がします。もっとも、そのような苦難(少し大げさですね)の時期を乗り越えることによって、そのねこちゃんが、かけがえのない存在になっていく、というのはあると思います。

hanachan011第3点については、ねこちゃんの性格がはっきりして、より一層おもしろく、かわいくなってくるのは、生後1年を過ぎたころからではないかという気がします。まさに、はなちゃんがそうでした。

もちろん、子猫のかわいさは否定しません。でも、やみくもなかわいさとは一味ちがった、そのねこちゃんの人格の愛らしさは、成猫になってからでも、十分に親しむことができると思います。

こんなことがいえるのは、くるみちゃんの子猫時代を一緒に過ごした経験があればこそ、かもしれません。それでも、シェルターに足を運ぶたびに、成猫ちゃんたちの魅力に気づいていく自分がいたりします。

(追記)はなちゃんのこと

くるみちゃんのことは、もちろん大好きです。同様に、気になるのは、やっぱり、はなちゃんのことです。

それは、はなちゃんの臆病さ、慎重さ、気位の高さ…が、「シャーシャー」言っていた、僕自身の10代後半から20代前半に重なるように思えるから、そんなふうに、自分では理由を付けています。

hanachan014くるみちゃんのほうが、人との接し方も、遊び方も、ずっとのびのびとしていて、屈託がありません。はなちゃんは、おずおずとしていて、ぎこちない。

でも、それがはなちゃんです。はなちゃんは、僕のことがあまり好きでないかもしれません。が、僕は、その片思いの関係を含めて、はなちゃんから「自分以外の大切な何か」「存在をそのまま受け入れること」を教えてもらった気がします。

そして、そのきっかけをくれたのは、間違いなく、くーちゃんです。ちなみに、くーちゃんは、僕と遊んだあと、ほとんど毎回、はなちゃんに「すりすり」をしにいきます。ひょっとしたら、僕に代わって、はなちゃんに匂いを移しに行ってくれているのかもしれません。

全3回のシリーズ記事、お読みいただき、ありがとうございました。この週末から、再び、シェルター関連の記事に戻ります。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ご支援いただきました

シェルター必需品を送付いただきました ありがとうございます 猫のご飯と、掃除・洗濯用品と必要なものばかりでした 年末年始はこれで掃除三昧になりそうです Print PDF 関連

男性1人ねこちゃん2人暮らしの実際

このサイトの管理人、@nekohanahimeは、ふつうのサラリーマンで男性1人暮らし、ねこちゃん2人のお世話係をしています。 サラリーマンのみなさん、里親募集サイトで、ねこちゃんにピンと来て、応募を …

ご連絡

先週末からのお問い合わせに対するお返事が滞っております お問い合わせいただきました方、明日にはご連絡をいたします もうしばらくお待ちください Print PDF 関連

ご見学予約状況 2月6日(土)- 7日(日)

シェルターご見学の予約状況です (2月5日22時現在) 2月6日(土) 13:00 ご見学予約有 14:00 ご見学予約有 15:00 ご見学予約有 ※ 他2件ご予約があり、土曜日のご見学は受付終了と …

ご支援いただきました

がっちゃんの里親さまが立ち寄ってくださいました 老猫のことを考えた差し入れ ありがとうございます 🐈 亀七、青梅ばあさんは、入院していてご挨拶ができず 彼女たちもとても残念に思っている …

3人の購読者に加わりましょう

現在、何人のねこちゃんと暮らしていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

050-3778-5065
nekoouchi@gmai.com
ご見学は原則として土曜日午後に承ります(予約制)。