セイン(セイン君) 日々のつぶやき

セインの死

投稿日:

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

3月3日に、セインが亡くなった

死因は肝細胞癌

🐈

セインは、2014年3月にシェルターにやってきた

元の名前はわからないが、当時のボランティアがセインと名付けてくれた

確か、墨田区で多頭飼育崩壊があり、支援に入ったいくつかの団体を経てやってきた子で、年齢は推定で1歳程度だと思う

放し飼いされていたらしく、ウイルス検査はエイズ陽性となってしまった

シェルターには兄弟姉妹と一緒にやってきたけれど、他の子たちは新しい家庭にもらわれてゆき、エイズ陽性で、性格が臆病な彼だけが、ご縁もなく、シェルターに残った

🐈

シェルターにやってきてからのセインは、風邪をひくことも殆どない、病気知らずの子で、気になる症状は多尿ぐらい(腎不全末期の様な多量だったが、検査でも病は見当たらず、エイズキャリア故の症状かと思われる)

昨年は黄疸で入院した程度で、元気にやってこれたと思う

昨年の入院では、原因はわからなかったけれど、黄疸が長引いて、薬を徹底して飲ませないといけないことから、ずっとケージでの生活を続けていた

セインはケージで生活することで、周りの猫に追いかけられることなく、ゆっくりとご飯が食べられるようになったためか、体重が増加

食欲旺盛で、刺身と鶏蒸し肉が好きで、夕飯に刺身が出ることがわかると、声高く鳴くこともあった

2月の終わり頃に、セインの食欲が急に落ちだした

食事が進まないことは時折あることだったので、様子を見ていたが、そのうち全く口を付けなくなり、口を開き舌を出すようになってしまったので、あわてて通院をさせた

病院では、医師から「口内炎もあるね」と指摘をされ、まずは歯石が酷い歯を抜歯して、血液検査をして調子の悪いところを探ろうと話をして、気軽に構えていたら、とんでもないことになった

血液検査の結果、黄疸、肝臓、腎臓、血小板の数値がすべて異常値を示し、即入院の指示

その入院準備中にも容態が悪化して、呼吸を乱し身体を横たえてしまった

エコー検査等を追加して、医師が下した診断は猫には珍しい肝細胞癌

とりあえず医師に任すしかなく、セインを託して帰宅をしたが、夜更けに動物病院から電話が入った

セインが虫の息となり、命が尽きるのも時間の問題だと電話口で医師から告げられ、急遽、病院へ向かったが間に合わず、セインは亡くなってしまっていた

猫の体調悪化は早いので、様子を見よう、来週にしよう、明日にしようと通院を先延ばしにすると後悔する事が多いが、何度も経験したのに、今回も活かせなかった

セインは、毛艶もよく体重も落ちていなかった、昨日まで給水器で水遊びをしていた

医師は、肝細胞癌の発見は難しいと言っていたが、それでも、どうしてこんなに早く逝ってしまうのか

Print Friendly, PDF & Email

-セイン(セイン君), 日々のつぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

1月24日(日) シェルター

東京は下町の雪の予報は外れ、風が強いものの太陽の日差しが暖かい一日でした シェルターでは中十条が一番気持ちいい場所を横取り   天気も良かったので、延期した動物病院に通院です 青梅、歌舞伎、 …

Print Friendly, PDF & Email

犬と猫の相性

実はシェルター管理人は、犬を飼育しています 猫の保護活動を始めたのは、犬を飼い始めて散歩に出るようになって 捨てられた猫、地域に居場所が無くなった猫のことを よく知るようになったことがきっかけです ( …

Print Friendly, PDF & Email

5月22日(日) 子猫たち

子猫たち 今日は天気が良かったので、子猫たちの部屋も少し風通しをよくしました 母猫も手を伸ばさない限りは少し落ち着いてくれるようになりました

Print Friendly, PDF & Email

2月11日(木)卒業

今日は子猫の両国と城ちゃんが新しい家庭に向かいました シェルターご見学時には、お母さま娘さまで足を運んでいただきました ご家族全員の同意があった方がいいとお父様の訪問を勧めたところ、お父様「みんな可哀 …

Print Friendly, PDF & Email

めめ メモリアル

作成いただいた方より送付いただきました こんなに思われて、めめも幸せですね ありがとうございました

Print Friendly, PDF & Email