シェルターについて 日々のつぶやき

日々のつぶやき-日曜日の午後、東京都にて

投稿日:2016/01/13 更新日:

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

1月10日(日)の午後に、シェルターを訪問しました。そのことを書こうと思っていた矢先に、Google先生がフォトストーリーを作ってくれたので、ご紹介します。

shelter005シェルターには大きく2部屋あって、そのうち一方-病気や怪我を負った、あるいは老齢の、またあるいは他のねこちゃんたちとどういうわけかうまくやっていくことのできないねこちゃんたちが集う部屋-の、フォトストーリーです。

僕はシェルターのどちらの部屋も好きですが、とりわけこちらの、傷を負ったひとたちの部屋に惹かれます。今回も、午後1時過ぎから2時間ほど滞在しました。多くの方が、平均2時間ほどシェルターには滞在されるようです。僕はその2時間の大半を、こちらの部屋で過ごしました。

一体、なぜなのだろうか。

週明け、仕事に復帰して、オフィスの廊下を歩くあいまに、ぼんやりとそんなことを思っていました。この景色には、どこか見覚えがある―。

 

それは、僕の祖父がかつて入院していた結核病棟(サナトリウム)であったと、ふと、気付きました。大正生まれの祖父は、引揚者で、傷痍軍人であり、開拓農民であり、戦後、無理がたたったのか、肺化膿症を患いました。昭和50年代の半ばに、僕たち家族は、車にのって、週末の限られた面会時間に、街外れの療養所に訪ねていきました。

shelter007そこには、かわいらしいおじいちゃん/おばあちゃんも、かわいくないおじいちゃん/おばあちゃんもいました。不思議なもので、幼心にも、品のいい年の重ね方をした人と、そうでない人はわかります。

僕がスミちゃんやメグちゃんに無意識のうちに重ねていたのは、35年前にみた、彼らの姿だったのかもしれません。

ぜひ、シェルターに遊びにきてください。お見舞いというのではなく、ねこちゃんたちに、会いに、遊びに、撫でに。残念ながら人のお年寄りにはかわいくない種族も中にはいますが、ねこちゃんは、たいていかわいいです。

会いに来てくれること、傷を負ったねこちゃんにも穏やかな暮らしのチャンスが与えられることがいちばんと、シェルターさんもよくおっしゃっています。

明日からまた、里親募集中のねこちゃんの紹介に戻ります。

シェルターまでの道のり(都営新宿線/大島駅編)

Print Friendly, PDF & Email

-シェルターについて, 日々のつぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

セインの死

3月3日に、セインが亡くなった 死因は肝細胞癌 🐈 セインは、2014年3月にシェルターにやってきた 元の名前はわからないが、当時のボランティアがセインと名付けてくれた 確か、墨田区で …

Print Friendly, PDF & Email

白と黒

腹回りの競演 (腹回りでは負けないキンちゃん ↓ も、そのうち参加できるかも!)

Print Friendly, PDF & Email

子猫2日目

子猫は全く分からないので、わずかな経験でみていますが… なんとなく標準より大きいです 小さいよりいいけれど… 2日目のみなさんです

Print Friendly, PDF & Email

4月7日(木) 動物病院

通院が必要な子が増えています いつもの週末以外にもう一日、通院日を増やすことにし、通院させました まずは青梅ちゃん 尿に赤みがあり、検査をすると膀胱炎でした 投薬開始です 1週間飲み切ったら、再通院で …

Print Friendly, PDF & Email

5月4日(水) 誕生

母猫を保護して動物病院に連れて行った際に、臨月だよ、と言われていました 以前、同じように保護をして出産させた猫は、5月1日でしたから、もう間もなくと思っていましたが…本日、昼過ぎに出産しました (ご飯 …

Print Friendly, PDF & Email