シェルターを卒業したねこちゃん 両国(両国ちゃん)-

両国(両国ちゃん)-シェルター卒業猫のご紹介

投稿日:2016/01/13 更新日:

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

両国(両国ちゃん)は、子猫の元はぐれ地域猫ちゃん。まだ幼いのに、ひとりきりになっていたところを保護活動者さんがみつけて保護しました。

ryogoku001

セイン君が成猫のフォトジェニックなら、両国ちゃんはシェルターいちばんの男の子のフォトジェニック。かわいいですよね。ところが、この冬は、鼻炎/気管支炎の症状があって、いっときつらい思いをしていました。そんなわけで里親募集を始めたのは、症状の落ち着いた最近のことです。

ryogoku003

治療中…治療中なんだけど、クリスマスにプレゼントでもらったトナカイさんのお仕立てをしている両国ちゃん。かわいいー。

ryogoku004

ケージの中からこちらを伺うおちょぼ口さん。この写真は時系列的にはより以前の、シェルターに来て間もないころの1枚ではないかと思います。

ryogoku002

通常、記事では3枚の掲載ですがサービスでもう1枚。おめめぱっちりでとても愛くるしいです。モップ等での遊びも覚えました。

両国ちゃんファンの訪問者さんから

コンディションなど

名前両国
愛称両国ちゃん
性別男の子(子猫)
誕生年月2015年5月頃
保護年月2015年夏
去勢/避妊未実施
ウイルス検査
ワクチン接種未接種
駆虫
シャンプー
血液検査
エイズ陰性
白血病陰性
症状鼻炎/気管支炎。投薬による治療を実施
その他去勢手術についてはご相談をと思います

参考動画

最終更新日

2016/1/13

Print Friendly, PDF & Email

-シェルターを卒業したねこちゃん, 両国(両国ちゃん)-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大島(大島ちゃん)-シェルター卒業猫のご紹介

大島ちゃんは、動物愛護相談センターに収容されていたので、地域の猫を助けたいと引き出した子です。 交通事故に遭ったのでしょう。片目は眼球摘出かと思われましたが、何とか残してやることができました。 片目で …

Print Friendly, PDF & Email

1月30日(土) のあちゃん卒業

預かり猫 のあちゃん 新しい家庭に引取られてゆきました 保護主さんが避妊去勢のために捕まえた子でした 避妊手術の際に、横隔膜ヘルニアであることがわかり、緊急手術を行い、助かった子です 手術をした病院で …

Print Friendly, PDF & Email

かわいいスミちゃんの近況

シェルターのおじいちゃんアイドルだったスミちゃんの近況を、里親様からお知らせいただきました。また、転載の許可をいただきましたので、どうぞご一読ください。 日頃よりウェブサイトを通じてシェルターの猫ちゃ …

Print Friendly, PDF & Email

スミちゃんの死

昨年7月に譲渡した、老猫の墨田(スミダ) 亡くなりました もう少し長く、人と楽しい生活が送ることができるだろうと考え、送り出しましたが わずか1年 持病の他、譲渡後に判明した病気もあり 通院や入院を繰 …

Print Friendly, PDF & Email

歌子(歌子ちゃん)-シェルター卒業猫のご紹介

歌子ちゃんは、シェルターを卒業して、いまはとっても幸せにくらしているねこちゃんのひとりです。 以前、シェルターさんが何かの折に紹介されていたのをみて、ぜひお話をお聞きしたいと思っていました。念願かない …

Print Friendly, PDF & Email