サビィ(サビィちゃん) 日々のつぶやき

3月6日(日) 老猫サビィの卒業

投稿日:

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

サビィは江東区のとある場所にいた地域猫です。

人からご飯をもらっていたのかな。
いつも他の猫とは群れずポツンとして駐車場にいましたのを覚えています。
その子が、2015年1月に愛護センターに収容されました。
東京都動物愛護相談センター 収容動物情報 14F255

交通事故だったのでしょう。
センターに電話で問い合わせると、骨盤や仙骨の骨折等、様々な症状がありました。
どこまでできるか分かりませんでしたが、地域で面倒を見てもらっていた猫です。
引き取りました。

怪我もあり、すぐに病院に連れてゆき、手術を行いました。
無事成功したものの、暫くは安静を言い渡され、狭いケージで生活することとなりました。

当時の写真があります。

IMG_7934[1]
シェルターにはメグロ(右:彼女はなぜか不動の人気)・スミダ(左)がいました。
懐かしい。
ここのシェルターも、1年でそれなりに猫も入れ替わっているんですね。

IMG_7167

サビィは、生きながらえたものの、歩けるか、排泄ができるかなど、色々気がかりなことはありましたが、そのあたりは問題がなさそうで、ホッとしました。

また、当初は威嚇も多かったものの、すぐに膝の上にのって寛ぐようになりました。
元々人に馴れている子だったのかもしれません。
安心して人に甘えることが出来る様になったようです。

ただ、ここのシェルターは人の在宅時間が少ないので、かなり寂しい思いをさせてしまい、また、猫同士の折り合いがつかなくなったサビィに肩身の狭い思いをさせていました。

特に甘えたがりだったサビィは、猫との折り合いが合わなくなってから、叫ぶような鳴き方をするようになりました。
そして抱っこを要求するようになりましたが、人にしがみついて離れません。
何時間でも抱っこを求めてきます。
どの子も、距離の取り方が違うだけで人に甘えたがりますが、サビィはシェルターが本当に辛かったようです。

そんなサビィにも、ご縁があればとは思っていましたが、トイレの失敗もある老猫では難しかろうと、諦めもありました。

そんな中、新しい飼い主様は、譲渡チャンスの少ない成猫・老猫の中から選びたいと、当シェルターに何度も足を運び、トイレの失敗も構わないと、サビィを選んで下さいました。
きっとあのしがみつき攻撃に負けたのかもしれませんね。

IMG_6580

これからの生活を、猫も人も楽しく暮らしてゆくことができます様に。

Print Friendly, PDF & Email

-サビィ(サビィちゃん), 日々のつぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

青梅 再入院する

青梅が入院しました ボランティアさんから、日中にメールが入りました どのボラさんも、猫の様子などで 気になることがあった時には まずシェルターにメモを残します 早目に知らせた方がいい、猫の状態が悪い時 …

Print Friendly, PDF & Email

亀七 再入院する

シェルターのアイドル、亀七 ここ数日、食事を受け付けなくなりました 動物病院に連れてゆきましたが 即入院を言い渡されました 検査結果 血液尿素窒素の数値が跳ね上がっていました 食事の影響かなぁ… 治療 …

Print Friendly, PDF & Email

2月3日(月) ~ 9日(日)のシェルター

東京都動物愛護相談センターの研修があり、管理人が参加した 入交眞巳さんによる「犬猫の行動学」の講話があった 話のテーマは2点 1点目は、譲渡に向けた問題に対する対処の止めに必要な学習論理について、2点 …

Print Friendly, PDF & Email

2月21日(日) 新加入のこと

美々ちゃんがやってくる 新加入です 預かり猫の美々ちゃん 地域でご飯をもらっていましたが、人にも慣れていて、里親さまを探してあげたいとシェルターにやってきました 保護主さんが昨年秋から保護をしようとし …

Print Friendly, PDF & Email

4月19日(月) お花をいただきました

はなちゃん(の里親さま)からお花が届き、めめの遺骨と一緒に置かせていただきました。 棄てられて、シェルターで寂しい思いもさせましたが、最後、みなさまと一緒に看取ってやることができました。 たくさんのお …

Print Friendly, PDF & Email