サビィ(サビィちゃん) 日々のつぶやき

3月6日(日) 老猫サビィの卒業

投稿日:

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

サビィは江東区のとある場所にいた地域猫です。

人からご飯をもらっていたのかな。
いつも他の猫とは群れずポツンとして駐車場にいましたのを覚えています。
その子が、2015年1月に愛護センターに収容されました。
東京都動物愛護相談センター 収容動物情報 14F255

交通事故だったのでしょう。
センターに電話で問い合わせると、骨盤や仙骨の骨折等、様々な症状がありました。
どこまでできるか分かりませんでしたが、地域で面倒を見てもらっていた猫です。
引き取りました。

怪我もあり、すぐに病院に連れてゆき、手術を行いました。
無事成功したものの、暫くは安静を言い渡され、狭いケージで生活することとなりました。

当時の写真があります。

IMG_7934[1]
シェルターにはメグロ(右:彼女はなぜか不動の人気)・スミダ(左)がいました。
懐かしい。
ここのシェルターも、1年でそれなりに猫も入れ替わっているんですね。

IMG_7167

サビィは、生きながらえたものの、歩けるか、排泄ができるかなど、色々気がかりなことはありましたが、そのあたりは問題がなさそうで、ホッとしました。

また、当初は威嚇も多かったものの、すぐに膝の上にのって寛ぐようになりました。
元々人に馴れている子だったのかもしれません。
安心して人に甘えることが出来る様になったようです。

ただ、ここのシェルターは人の在宅時間が少ないので、かなり寂しい思いをさせてしまい、また、猫同士の折り合いがつかなくなったサビィに肩身の狭い思いをさせていました。

特に甘えたがりだったサビィは、猫との折り合いが合わなくなってから、叫ぶような鳴き方をするようになりました。
そして抱っこを要求するようになりましたが、人にしがみついて離れません。
何時間でも抱っこを求めてきます。
どの子も、距離の取り方が違うだけで人に甘えたがりますが、サビィはシェルターが本当に辛かったようです。

そんなサビィにも、ご縁があればとは思っていましたが、トイレの失敗もある老猫では難しかろうと、諦めもありました。

そんな中、新しい飼い主様は、譲渡チャンスの少ない成猫・老猫の中から選びたいと、当シェルターに何度も足を運び、トイレの失敗も構わないと、サビィを選んで下さいました。
きっとあのしがみつき攻撃に負けたのかもしれませんね。

IMG_6580

これからの生活を、猫も人も楽しく暮らしてゆくことができます様に。

Print Friendly, PDF & Email

-サビィ(サビィちゃん), 日々のつぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

めめ メモリアル

プラティ Twitter (@Odd_eyecat_82)さまが作成された絵を、はなちゃん Twitter (@nekohanahime)が届けてくださいました。 棄てられた老猫のことをこんなに思いや …

Print Friendly, PDF & Email

亀七 最後のご挨拶

みなさま この度、亀七の永眠に際しまして お心のこもったコメント、お香典や供花を賜りまして 誠にありがとうございました シェルター生活はわずかの期間でしたが 最後を、皆様に見守られた一生であったかと思 …

Print Friendly, PDF & Email

3月27日(日) 新加入

今日の新加入を紹介します 色々あってシェルターにやってきました   ① キンちゃん 初対面での様子だと、3匹の中で一番臆病。体重は5.7kg 特徴はウエスト周り シェルターで一番太い…かも …

Print Friendly, PDF & Email

外猫 預かり宅に移動する

保護主さんから一時預かりしていた外猫たち クリスマスの日にシェルターを出て預かり宅に移動してゆきました どの子も人に馴れています シェルターより活動な活発な保護活動者さんのところで家族を探すことになり …

Print Friendly, PDF & Email

5月22日(日) 子猫たち

子猫たち 今日は天気が良かったので、子猫たちの部屋も少し風通しをよくしました 母猫も手を伸ばさない限りは少し落ち着いてくれるようになりました

Print Friendly, PDF & Email