お知らせ

お問い合わせいただいた「ネコ預かり希望です」(3/15)の方へ回答します

投稿日:

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

おはようございます

お問い合わせありがとうございます

猫のための小さなお家 管理人ハナシロと申します

お問い合わせの件について,メールを返信しましたが、アドレス不明で戻ってきました

回答が長文のため,取り敢えずメールでお返事します

一読いただき,ご都合のいい方法で再度ご連絡下さい

以下,回答です

現在,預かりは行っておりません

しかしながら,ご事情は分かりましたので,どうしても預け先が見つからない場合のみ,お引き受けします

引き受けにあたり,2点の注意点があります

① 有料である点(金額詳細はHP内参照)

② 猫が傷病等を抱えるリスクが高い点

②リスクについて説明します

・当施設には,様々な地域,環境下にあった猫がシェルターにやってきます

・現在,白血病,エイズウイルスキャリア含め,疾患を抱えているたくさんの猫が集団生活しています

・そのため,様々なリスクを抱えています

想定される代表的なリスク3点を説明します

① 外傷

・シェルター内にも猫同士の喧嘩はあります

・これまでに通院を必要とする程の大怪我を負う子もいました

② 感染

・エイズ・白血病キャリアの猫がいるため感染する恐れがあります

・風邪や真菌等の集団感染を過去に発生させています

(室内感染のリスクは,他の施設と比較して高いと私は判断しています)

③ ストレス

・シェルターは多頭飼育のため,猫にとってこれまでの家庭環境とは大きく異なります

・環境変化によるストレスで,体重減少から始まり,体調を悪化させ,病を抱えることになる猫も少なくありません

以上が代表的なリスク3点ですが,この他にも思いがけないリスクが発生する場合があります

大切な猫をお預りした場合,猫関連の感染症防止のためケージ生活がベースになります

他の猫がフリーにしている中で,行動の自由が妨げられれば,大きなストレスにもなり,体への影響もでることも推測できます

また現在流行中のコロナ感染防止のため,預かり中の面会は実施しません

定期的な報告実施の予定もありません

体調不良と判断した場合の治療は,当方の判断になり,治療費等は飼い主に請求します

猫に万が一があった場合,最悪は死亡の場合も,そんな状況に猫を追い込むことは考えたくはありませんが,責任は取れません

以上,ざっと項目を書き出しましたがひとまず回答になります

これまでの生活環境と似た一般家庭や,動物病院などの管理のしっかりした施設が勧めではありますが,探された上での当方へのご連絡と思われます

改めて慎重にご検討いただき,当施設は最後の手段として,選択いただければ幸いです

猫のための小さなお家 管理人ハナシロ

☎️ 09058185040 江東区東砂1−2−5−207

Print Friendly, PDF & Email

-お知らせ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

不用品の放出 ①ケージ

シェルター不用品を放出します アイリスオーヤマ製品 ペットケージ 3段 PEC-903  1台 (写真参照) 外箱等なし・使用中の現物のみ 商品詳細は、企業HPにてご確認ください ※ トイレ等の付属品 …

Print Friendly, PDF & Email

記事のPDF作成ボタンを追加しました-お知らせ

ねこちゃんの紹介記事をPDFファイルにして保存したり、印刷したりできるように(例えばシェルター訪問時に持参するため)、ボタンを追加しました。 それぞれ記事を読み進めていくと、右下にそれっぽいボタンがあ …

Print Friendly, PDF & Email

年末年始 ご見学日時のお知らせ

12月30日(金)~1月9日(祝) ※ 1月5日・6日は仕事が入りましたので、ご見学を中止します この期間中のみ 午後の時間(適当)でご見学承ります (予約制) 管理人は、この間、シェルターの掃除をし …

Print Friendly, PDF & Email

SNS投稿のお知らせ

管理人の現在の仕事が落ち着く、しばらくの間、投稿はHPで行い、SNSは連携させることにしました 本来であれば、SNSにあった記事を直接投稿したいのですが、その時間もままならず ご理解くださいませ

Print Friendly, PDF & Email
no image

楓と米松

5月17日に楓、18日に米松が亡くなりました 楓は、食欲不振から黄疸の悪化が原因 もともと食の細い子でしたが、食べられない日が続き黄疸が悪化 通院と投薬による治療を続けていましたが、亡くなる前日、段差 …

Print Friendly, PDF & Email